スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フタコブラクダ、すくすく 天王寺動物園(産経新聞)

 【アニマル写真館】大阪市天王寺区の天王寺動物園で、フタコブラクダの赤ちゃんがすくすくと育っている。3月8日に誕生したメスの「ラフ」で、母親のコニー(14歳)に寄り添って甘える姿がほほ笑ましい。

 「laugh(笑う)」と「rough(荒い)」の2つの英単語をかけ、「やんちゃで明るく育ってほしい」との思いを込めて飼育員が名付けた。生まれた直後、立ち上がるまでに時間がかかったものの、現在は母親にじゃれたり、近くで飛び跳ねたりと、その名の通り元気いっぱいの毎日を過ごしている。

 背中のコブはまだ小さいが、今後成長するにつれて盛り上がってくるという。ただ、出産とともに2頭と隔離されてしまった父親の「ジャック」(17歳)は、さく越しに母子を見守りつつもちょっぴり寂しそうだ。

【関連記事】
【アニマル大集合】大空を自由に飛ぶ魚!?
【アニマル大集合】“黒い影”の正体は…
【アニマル大集合】暑くて夏バテしそう!
【アニマル大集合】パンダにヒヒ、ウミガメまで赤ちゃん集合~!
【アニマル大集合】ひなたぼっこで「はぁ~」っと一息
「裸の王様」次に座るのは…

<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
アリタリア航空が再開=南回りルート、外国人客で満席-成田空港(時事通信)
万引き「高齢者」増える、景気低迷?食品中心(読売新聞)
<風俗営業違反>検挙件数09年9.3%減、3年連続で減少(毎日新聞)
舛添氏 近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)
スポンサーサイト

社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の集計によると、3月6日から4月1日までに社会医療法人として新たに11法人が認定された。これにより1日現在、社会医療法人として認定を受けているのは94法人となった。

 厚労省によると、新たに認定を受けたのは、▽「沼隈病院」を運営する沼南会(広島県福山市)▽「田上病院」を運営する義順顕彰会(鹿児島県西之表市)▽「尾中病院」を運営する尾中病院(山口県宇部市)▽「習志野第一病院」を運営する菊田会(千葉県習志野市)▽「千葉西総合病院」を運営する木下会(千葉県松戸市)▽「大島病院」を運営する弘仁会(京都市)▽「光生病院」を運営する光生病院(岡山市)▽「西宮渡辺病院」を運営する渡邊高記念会(兵庫県西宮市)▽「新小文字病院」「新行橋病院」「福岡新水巻病院」「福岡和白病院」を運営する池友会(北九州市)▽「戸畑共立病院」を運営する共愛会(同)▽「那珂川病院」を運営する喜悦会(福岡市)―の11法人で、いずれも1日付の認定。
 菊田会と木下会は千葉県内で、渡邊高記念会は兵庫県内で初めて認定され、社会医療法人がある都道府県の数は36になった。

 認定を受けるために実施基準を満たすことが必要な事業については、義順顕彰会の田上病院がへき地医療、池友会の福岡和白病院が災害医療と救急医療、他の12病院が救急医療の要件を満たしている。

 社会医療法人の認定は、都道府県による新たな医療計画が始まるのに合わせて2008年度からスタートし、08年7月のカレスサッポロ(札幌市)が第一号。同年度中に認定を受けたのは20道府県の36法人で、09年度中は25都道府県の47法人だった。また、1日現在で厚労相所管の「広域医療法人」として認定を受けているのは、ジャパンメディカルアライアンス(神奈川県海老名市)と石心会(川崎市)の2法人。


【関連記事】
社会医療法人、83法人に
医療計画見直しに向け検討会設置へ―厚労省
医業継続に向けた相続税猶予など要望‐厚労省
社会医療法人の認定基準緩和を―医法協
社会医療法人、55法人に

明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)
放鳥トキが「抱卵」中断=求愛行動は継続-環境省(時事通信)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ-2度目の「目覚まし曲」(時事通信)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)

2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設(産経新聞)

 視覚と聴覚の重複障害者「盲ろう者」が利用できる補助犬「盲聴導犬」の訓練に、滋賀県守山市の聴覚障害者施設が取り組んでいる。盲導犬や、聴覚障害者をサポートする聴導犬はすでに実用化されているが、厚生労働省によると、盲聴導犬は世界的にも例がないという。施設では「社会から孤立しがちな盲ろう者の生活やコミュニケーションに役立つ補助犬を育てたい」と意気込んでいる。

 訓練に取り組むのは「びわこみみの里」(守山市水保町)。施設に通う滋賀県草津市の盲ろう者、岡田昌也さん(44)が、家族らの介助がなければ外出が困難なため「補助犬を使って自由に歩きたい」と望んだのがきっかけ。昨年4月から厚労省の補助事業で訓練を始め、補助が終了した今年4月以降は寄付金などをもとに継続している。

 盲導犬に多く用いられているラブラドール・レトリバーを採用。盲導犬を訓練している「京都ケアドッグステーション」(京都府長岡京市)の訓練士、仲川愛さん(26)が、岡田さんとともに週1回、施設内で調教を続けている。

 盲聴導犬の育成で難しいのは、盲ろう者が犬に触れることで指示を出したり、車の接近など危険を感じ取ったりすること。このため、犬の顔に手で触れて進む方向を示すほか、犬に特殊な誘導器具をつないで、犬の動きを感じ取りやすくした。

 手をたたいて音を出すことで犬を近づける工夫をするなど、根気よく続けた訓練が実を結び、岡田さんと盲導犬のリズムも合ってきた。岡田さんは、机などの障害物を前に立ちどまる犬の動きをきちんと感じ取り、施設内を歩き回れるようになったという。「最初はうまくいかなかったが、互いに成長した」と進歩を実感する。

 厚労省によると、盲導犬は全国で千頭以上、聴導犬は昨年8月調査で19頭。盲聴導犬の実用例は「世界的にも聞いたことがない」(同省担当者)という。

 盲ろう者が犬のサポートだけで外出するには危険な状態で、飼育方法の確立や法整備が課題。中村正所長は「盲ろう者の障害の程度に応じた犬も育成し、実用化へ努力したい」と話した。

      ◇

 【用語解説】盲ろう者

 視覚と聴覚の重複障害者。「視聴覚二重障害者」「ろう盲者」とも呼ばれ、障害の程度によって全盲ろう▽盲難聴▽弱視ろう▽弱視難聴に大別される。厚生労働省の平成18年身体障害児・者実態調査では、国内の推計人数は約2万2千人。コミュニケーションや移動の困難さのため社会から孤立し、行政サービスなどを受けられないケースも多いとされる。

【関連記事】
将来の盲導犬、順調に成長 受刑者が飼育した3頭
医療、環境、盲導犬育成…広がる社会貢献活動
捜索犬の穏やかな老後
交通死の盲導犬、育成費も賠償命令 男性の訴え認め290万円
日本初の盲導犬のハーネス発見
外国人地方参政権問題に一石

国内1位東大は変わらず=研究機関ランキング-米企業(時事通信)
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火-日航、全日空(時事通信)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕(時事通信)
「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール-山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)

立大生死亡事件 発生から14年 父親らがビラ配る 池袋(毎日新聞)

 東京都豊島区のJR池袋駅ホームで96年4月、立教大4年の小林悟さん(当時21歳)=埼玉県春日部市=が男に突き飛ばされ死亡した事件から、11日で14年たつ。殺人罪の公訴時効まで1年となるのを前に10日、父邦三郎(くにさぶろう)さん(64)や警視庁捜査1課の若松敏弘課長ら約60人が池袋駅などで情報提供を求めるビラ6000枚を配った。邦三郎さんは「多くの目撃者がいたのに犯人が捕まらないのはおかしい。たくさんの人に関心を持ってほしい」と訴える。

 邦三郎さんは「情報の提供をお願いします」と池袋駅中央改札前で声を張り上げ、容疑者の似顔絵や特徴が書かれたビラを通行人に手渡した。

 悟さんは96年4月11日午後11時半ごろ、山手線の池袋駅ホームで、男に突き飛ばされ転倒し、頭を強打して5日後に死亡した。男は当時24~38歳くらいで、身長170~180センチ。がっちりした体格のスーツ姿だった。

 邦三郎さんは56歳で銀行を早期退職し、時効延長を求める署名活動に取り組んできた。現在、殺人罪などの時効を廃止する刑事訴訟法改正案が国会で審議されている。法案が成立すれば悟さんの事件も時効がなくなるが、邦三郎さんは「未解決のままなら、いつ誰が責任を取るのかあいまいになる」と複雑な表情もみせる。

 情報提供は池袋署捜査本部(03・3986・0110、内線3332)。事件解決につながる情報提供者には上限300万円の報奨金が支払われる。【山本太一】

【関連ニュース】
立大生死亡事件:発生から14年 父親らがビラ配る 池袋
西部ガス発砲:暴力団会長宅など捜索 福岡県警
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
立教大生殺害:警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める
命名訴訟:「玻南」不受理は適法 最高裁、両親の抗告棄却

政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
日航 リストラ案を策定 二次破綻、回避なるか(産経新聞)
鳩山首相、学校耐震化「予備費も念頭に…」(産経新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)

平沼新党 舛添氏「関係ない」 中山恭子氏に参加打診(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は6日、平沼赳夫元経済産業相や与謝野馨元財務相らが結成を目指す新党には参加せず、引き続き自民党内で執行部の一新を求めていくことを表明した。

 舛添氏は記者団に対し、新党について「平沼、与謝野両氏とそういう話で電話をしたことも、会ったこともない。一切私に関係のない話だ」と強調した。さらに「私は一切の(自民党の)役職につかない」とも述べた。

 一方、平沼氏が自民党の中山恭子元少子化・拉致問題担当相(参院議員)に新党参加を打診していることが6日分かった。

 中山氏の夫で、昨年の衆院選で落選した成彬元国土交通相が参加の意向を表明しているうえ、平沼氏とはともに拉致問題に熱心に取り組んできたことから恭子氏が参加する可能性もある。ただ、恭子氏は比例代表選出のため参加は困難とみる向きも出ている。

 新党は平沼氏が党首に就き、5人で結成することが固まっている。もっとも決定したメンバーは平沼、与謝野両氏と園田博之前自民党幹事長代理と藤井孝男元運輸相の4人。平沼氏は6日、鳩山邦夫元総務相と電話し、鳩山氏の新党不参加を確認した。

 政党要件を満たすことになる5人目について平沼氏は記者団に「軽々にはまだ言えない」と明言を避けたが、自民党の中川義雄参院議員になる見通しだ。平沼氏は「2段階、3段階で人数を増やしていかなければいけない」と述べた。

【関連記事】
平沼氏新党「段階的に同調者増やす」
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否
与謝野氏「自民党に明日はない」 新党旗揚げ、議員5人確保
“シルバー新党”早くも暗雲 政策で深いミゾ、健康不安も
自民党新体制 「舛添氏待望論」に応えよ
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
政治主導のサポートを=平野官房長官、内閣府新職員に訓示(時事通信)
威力業務妨害 運動場に無断でミカン植える…容疑の男逮捕(毎日新聞)
【Web】ニコニコ動画が楽天の試合を生中継(産経新聞)
【ネット番記者】ウルトラの国の社会事情(産経新聞)

限度額上げ、公約と矛盾せず=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は31日午前、郵便貯金の預入限度額が2000万円への引き上げで決着したことに関し、民主党が2005年の衆院選マニフェスト(政権公約)で500万円に引き下げるとしていた点との整合性について、「5年前は国の関与が極めて大きい。今回は国の関与が3分の1だ」と指摘した。その上で「スキームが違うから、預入限度額に差があってしかるべきだ」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 民業圧迫になるとの指摘が出ていることについては、「地域の金融機関とウイン・ウイン(相互利益)の関係をどうやってつくり上げていくかだが、決してそれはできないことではない。これからの工夫だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
闇サイト監視、警視庁に「ネットハンター」(読売新聞)
<踏切事故>山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路(毎日新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)

光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ(産経新聞)

 国の特別名勝に指定されている東京都文京区の六義園で、見ごろを迎えた樹齢約60年のしだれ桜がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれている。

 今年はほぼ例年通りの3月20日に開花したものの、それ以降寒い日が続いたため例年より4、5日満開が遅れた。そのため、同園では今月31日までのライトアップ期間を来月4日まで延長。高さ約15メートル、幅約20メートルの華やかに枝を広げピンク色の花を咲かせた姿を一目見ようと、多くの人が集まった。ライトアップは午後5時半ごろから午後9時まで。

【関連記事】
LEDの光輝く 神戸ポートタワーで試験点灯
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって
清水寺でライトアップ試験点灯
京都・高台寺でライトアップの試験点灯
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
<築地移転>都知事渋々「予算執行は議会尊重」 論議再燃も(毎日新聞)
ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
黒澤財団寄付金2・8億流用 伊万里市、法的措置も(産経新聞)
プロフィール

こみやまえつろうさん

Author:こみやまえつろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。